著者 安田泰淳(雑学研究家)



カバの汗は赤いのですか??



カバは汗のようなものをいっぱい分泌する動物なのです♪
カバの皮膚は薄いので、乾燥するとボロボロはがれ落ちてしまいます。つまり、自分の体を守るために汗のようなものを分泌しているのです♪


正確にいうと、カバは汗腺(汗を分泌する皮膚腺)が存在しないので、汗ではないのですが、カバが分泌する汗のような成分は、空気に触れると赤くなる事が確認されています。


これを血汗といいます。


この血汗が強烈な紫外線を守る役割を担っている事が最近の研究でわかっています。 (雑学研究家 安田泰淳)


    








TOPページへ