著者 安田泰淳(雑学研究家)



秋になると葉っぱが散るのは何故ですか?

今回は一足早い秋雑学の登場だよぉ(。・ω・)ノ


う~ん・・ どうして秋になると葉っぱが散るのだろうか?
う~ん・・ 葉っぱが赤くなるのは何でだろう?


ところで葉っぱのお仕事は何でしょう?
実は木の栄養を一生懸命作っている場所でした☆


〇太陽の光
〇空気中にある二酸化炭素
〇根っこから吸収される水


などを使い、木の栄養を生産しているのです。


この活動が活発に行われるのは太陽の光が長時間注がれる春から夏にかけてです。この季節が木の成長期となります。


しかし、秋になると日が短くなり、気温も下がるので、葉は栄養を作るの苦労します。さらに、追い討ちをかけるのが冬場の乾燥です。


葉は気孔という場所から木の水分を放出させているので、葉が茂っていると、木の水分が奪われてしまい、脱水症状を起こしてしまいます。


木は悩みます
「冬場になっても葉っぱに栄養を作ってもらうべきか? それとも葉っぱと別れて乾燥を防ぐべきか?」


木は悩んだ末、葉っぱを落とす選択を選びました。


木は離層(りそう)という仕切りを作り、栄養のやり取りを遮断してしまうのです(>_<。。)
 すると、葉っぱは次第に衰えてゆき・・・・ やがて、栄養が行き渡らなくなってしまいます。 


すると、葉っぱに存在するでんぷんが化学反応を起こし、葉の色が赤くなるのです(><)


木に裏切られた落ち葉くん・・・
哀愁を漂わせる秋の季節は、
落ち葉くんが演出しているのかもしれませんね(。_。)...


追記
葉が落ちるのは比較的暖かな気候に存在する広葉樹林です。
寒い地域に存在する針葉樹林は、乾燥を抑えるために針のような形をした葉っぱになっています。


その為、水分を放出しにくい構造になっており、葉っぱを落とす必要がないのです。 (雑学研究家 安田泰淳)


    








TOPページへ