著者 安田泰淳(雑学研究家)



クモの巣!一本目はどうやって張るの?

飛ぶことのできないスパイダーちゃん!
たまに、ありえない場所に巣を作っていますよね・・・


あれはどうやって作ったのでしょうか?


「よし!ここらへんに巣を張ろう。」
スパイダーちゃんはようやく決意するのです。


そして、風向きを考え糸を出し続けます。


クモは自分が吐き出した糸を風に乗せ、
目的地に糸が絡むまでひたすら出し続けているのです。


実は最初の一本目は風まかせなのです。


糸が引っかかったら、その糸の上を往復し、
糸を強化することで少しずつクモの巣を形成していくのです。


クモの種類や風によって巣の形は千差万別!
様々な条件により、様々な形の巣ができあがるのだそうです。


追記
本来、くもの巣と一般的にいわれていますが、
巣とは生活をするためのものであり、昆虫を取るために存在する糸は、巣ではなく「網」なのではないか? このような主張をする専門家も存在していました。 (雑学研究家 安田泰淳)


    









TOPページへ