著者 安田泰淳(雑学研究家)



日本初のファーストフード店はどこ?

日本のメディアは、
「ファーストフード」ではなく、
「ファストフード」との読み方で統一しています。


ファーストとは「最初」や「一塁」などに用いられる「first」ではなく、
「早い」や「時間がかからない」に用いられる「fast」が正解だからです。


よって、ファーストフードの定義は
「素早くできる手軽な食事」を意味します。


そう考えると、「牛丼屋さん」や「回転すし」なども、本来ファーストフードとなるなのですが・・・


ここでは一般的に日本で用いられているファーストフード店(ハンバーガー)・(ホットドッグ)・(サンドウィッチ)等についてお伝えします。


果たして日本初のファーストフード店はどこなのでしょうか?


「やっぱりマクドナルドですか?」
「ブブ~!」


答えはドムドムバーガーでした。(1970年に開店)


ダイエーは1960年代の後半から事業を急拡大させていきます。
一方、マクドナルドは1940年頃にアメリカで出店させ、事業を拡大させていくのです。

「ファーストフード人気が凄かったアメリカ」
「ファーストフード店が存在しない日本」


両社の思惑は一致し、ダイエーとマクドナルドは、
「お金を出しあって会社を作ろうではないか?」 という動きになるのです。


しかし、話しがまとまりません。


ダイエーは「会社の株を51パーセント出資したい」
マクドナルドは「いや!平等に50パーセントずつにしましょう」


となり、交渉は決裂してしまうのです。


そこでダイエーは
「それじゃ、俺たちは自分達の力でファーストフード店を作るよ」


そんな気持ちで立ち上げたのがドムドムバーガーなのです。


一方、マクドナルドは貿易商の藤田田(ふじたでん)さんと契約を結び、1971年に日本でマクドナルドが誕生するのです。  (雑学研究家 安田 泰淳)


    







TOPページへ