著者 安田泰淳(雑学研究家)



受験と朝食!お米が良いのは何故ですか?

前回の健康雑学は、「脳の疲れ!ブドウ糖が良いのは何故ですか?」 についてレポートを書きました → 健康雑学129 ブドウ糖は脳の唯一の栄養素なのです!


今回はこのレポートの続きとなります。


炭水化物は主に3つのジャンルに分類されます。


単糖 = これ以上分解できないもの
代表例 「ブドウ糖 」・「果糖 」・「ガラクトース」 などなど


少糖 = 単糖が少数結合されたもの
代表例 「オリゴ糖 」
 などなど


多糖 = 単糖類が多数結合されたもの
代表例 「でんぷん 」


少糖や多糖が分解されてブドウ糖になります。このブドウ糖が脳に供給される事で、集中力・判断力・意欲などが沸いてくるのです。


お米 には何千もの糖分子がつながっている多糖ですので、分解するのに時間がかかります。その為、腹持ちが良く、少しずつ脳にブドウ糖を安定供給する事ができるのです。


よって、お受験など長期戦に有利な食べ物です。


一方、果物などには単糖であるブドウ糖が多く含まれています。しかし、ブドウ糖はすぐにエネルギーに変換される為、短期決着が求められるスポーツ選手(試合前に摂取)に有利な食べ物です。


お受験当日の朝食タイム
単糖と多糖を上手く組み合わせた食事がベストだと思います。
お米が分解されるまでの間、エネルギー不足が問題となります。そこで、お米の前に果物を摂取する事でブドウ糖を確保!


その後、お米中心の食事を食べて持久力を維持!


このような理論が成り立つかと思います。


しかし、お米は腸を刺激する食べ物なので、ウンコ^^が心配な受験生の方は、ご飯の代わりにパンを召し上がる事をオススメします。 (雑学研究家 安田泰淳)


    








TOPページへ