ネーミングを考える時、流行していたのがあのiPodでした。ipodのように、この細胞が世間ですぐに普及してほしい。そんな願いを込めて「i」を小文字にしたのです。

最初、解りやすいようにとアルファベット二文字を使い、そのネーミングにしたかったようです。しかし、二文字ですと、すでに使われているものが多く、マッチしたものが見つかりません。そこで、アルファベット三文字(iPS)を用いて、その名前にしたのです。


    


短編福祉41へ 視覚障がい者!お声かけをする上で大切なことは?

関連ページ
今さらですが、iPS細胞とは何ですか?(網膜色素変性症が治るの?)










TOPページへ