著者 安田泰淳(雑学研究家)



食べ合わせダイエットとは何ですか?発酵食品とダイエットの関係

食べ合わせダイエットは
管理栄養士の伊達友美さんが考案したダイエット方法です。


このダイエット理論の特徴は従来のダイエット法とは異なり、
「酵素を含む食べ物」を摂取する事により代謝を促進させ、消化を助けよう!


そんなダイエット方法となっています。


例えば 焼肉とキムチです。
キムチは発酵して作られた食べ物です。この発酵食品の特徴はビタミンB群が多く含まれている点です。


このビタミンB群の特徴は代謝(古いものと新しいものとが次々と入れ替わること)を促進してくれる性質があるので、ダイエットには持って来いのアイテムとされています。


さらに、発酵食品には必須アミノ酸が多く含まれています。
この必須アミノ酸は脂肪を燃焼してくれる性質がありますので、焼肉との相性が抜群によいのです。

発酵食品 = ヨーグルト・納豆・味噌・醤油・酢 などです。


発酵とは、「A」という食べ物に、微生物を混入させ分解させる事により、人間に役立つものを作り出す現象をいいます。


ちなみに、微生物の分解により、
人間にとって役に立たないものを腐敗といいます。


従来のような、カロリーを控えるダイエット方法ではなく、酵素を含む食べ物などを摂取する事で、脂肪を燃焼させるダイエット方法を提唱しています。 (雑学研究家 安田泰淳)


    








TOPページへ