著者 安田泰淳(雑学研究家)



不規則な生活をすると太るのは何故ですか?


今回は二つの論文を参考にし、夜更かしをすると太るのは何故だろう?について結論を出してみたいと思います。


この雑学のポイントとなるのが、
HDAC3と呼ばれる酵素の役割です。

一つ目の論文 → The Journal of Biological Chemistry

この論文によると、
HDAC3を持たないネズミに、脂肪の高いものを摂取させると、心臓に脂肪が溜まってしまい、血液を全身に送りづらくなる! そんな現象が記載されています。


二つ目の論文 → Penn Medicine


この論文によると、
不規則な生活をすると、メタボリック症候群になるのは何故か?について記載されています。 夜更かしをすると、体内リズムが乱れ、HDAC3が混乱してしまい働かなくなってしまう!


その為、脂肪が燃焼しづらくなってしまい肝臓に脂肪がたまってしまう! そんな概要となっています。


二つの論文から、このHDAC3は脂肪を分解する役割がある事がわかります。人間は夜行性ではありません。しかし、夜型の人間になってしまうと、この酵素が働かなくなってしまい、太りやすくなってしまう。


さらに、血液の流れが悪くなるので、全身の体温が低下します。すると、免疫が活発に働かなくなるだけではなく、他の酵素の働きをも低下させてしまい、老廃物をうまく排泄できなくなってしまう。


〇酵素は排泄に影響を及ぼします。
〇酵素は37度台の時、活発に働きます。


最近、体の調子が悪いなぁ・・・ 太ってきたなぁ・・・
と思ったならば、不規則な生活によるHDAC3が働いていない事が考えられます。


つまり、ダイエットをしたければ、規則正しい生活を心がければ良いのですね☆ レッツ!ダイエット♪(雑学研究家 安田泰淳)


    








TOPページへ