著者 安田泰淳(雑学研究家)



耳たぶは何のためにあるのですか?

熱~~~い(ノ゚o゚)ノ 素早く指を耳たぶに(><) 


Q、ところで、耳たぶは何のためにあるのでしょうか?


A、「ピアスをするためです!」 おお~ それは若者の考えだ♪
A、「熱いものに触れたとき、素早く指を冷やすため?」 ← おお~ 雑学を知ってるねぇ♪


実は、生物学的に役割がある事が証明されていないので、何のために存在するのか?については、未だに解かっていないのです。


しかし、耳たぶがあるのには意味があるんだ!
と唱える専門家も存在していますのでで、いくつかの説をご紹介いたします。


耳たぶには骨がないので、面積に占める血液の量が多く、耳の温度を調節しているのではないか?とする説。


性行為の際、耳たぶは重要な性感帯となるので、子孫を残すために存在するのではないか?とする説


音を集めるために耳たぶがあるのではないか?とする説。耳の後ろに手をかざすと、音が聞こえやすくなるなるのと同じ原理です。


因みに、耳たぶは放熱しやすく、体の中で一番体温が低い部分だとされています。熱いものに触れた時、思わず耳たぶをつまんでしまうのは、このような理由があるため!? かも知れません・・・  (雑学研究家 安田泰淳)


    











TOPページへ