著者 安田泰淳(雑学研究家)



おさい銭!硬貨がよいのは何故ですか?

正確にいうと、
初詣は明治時代から始まった行事だったのです。


それ以前はというと・・・
大晦日の夜から元日の朝にかけて、その地域の人たちが集まって、氏神(神道の神)を祀っていたそうです。


これが、大晦日と元旦に分かれ、年明けの参拝を初詣となるのです。


そんな初詣。
おさい銭にお札を入れて参拝する方も多く存在しますが、「あまりご利益のない参拝ではないか!?」との説が存在します。


お札より硬貨を入れた方がいいとされるのは「音」です。


硬貨を投げる事によって「チャリーーン」という音がします。この音を鳴らす事によって、神様に気づいてもらえる!つまり、鈴を鳴らして神様を呼ぶのと同じ考えだ!という説が存在しています。



そもそも、どうしてお金を差し出すのだろう?


日本書紀によると、
「罪を素戔嗚尊(スサノオ=日本神話に登場する神)に負わせ、贖罪(アガナイ=罪を償う)の品々を科して差し出させた」と書いてあります。


つまり、神社でお金を差し出す行為は
日本書紀に書かれているこの文言が関係しているとされています。


とはいっても、「お賽銭を入れないでください」とする神社もあるようなので、様々な説が存在している事がわかります。 (雑学研究家 安田泰淳)


    











TOPページへ