著者 安田泰淳(雑学研究家)



警察と検察の違いって何ですか?

警察と検察・・・・
実はぜんぜん違う組織なのです( ̄ロ ̄)/


警察は証拠を集めたり・犯人を逮捕したり・取調べなどを行う組織です。一方、警察で調べ上げた情報や逮捕した人たち。これらを検察という組織に送ります。これを察にる!という意味で送検といいます。


Q,ムムッ?? 疑問に思ったぞ!
立ちションをして警察に身柄を拘束されてしまったよ(TT)。 こんな自分も送検されてしまうのですか?


A,原則、全ての犯罪に対して送検しなければいけません。
しかし、検察が指定している軽い犯罪については、送検しなくてもいい事になっています。つまり、「軽い犯罪」・「初犯」・「反省の態度」など、総合的に判断して、「今日のところは帰ってもいいよ~」という事になるのです。


検察のお仕事は警察から送られてきた情報を総合的に判断し、裁判にかけたほうがよいか?を判断するのが検察の役割です。ちなみに、証拠不十分の場合は検察官が証拠集めを行うことも可能です。


ちなみに、東京地検特捜部とは、東京地方検察庁に置かれた組織です。
この部署は、独自の捜査を専門的に行う組織となっています。つまり、大規模な汚職や脱税などといった場合は・・・・ 警察を通さず、特捜部が直接捜査を行う機関となっています。


村上ファンドの村上さんや堀江貴文さんの事件、ロッキード事件やリクルート事件などは、東京地検特捜部が初めから捜査をしていました。 (雑学研究家 安田泰淳)


    











TOPページへ