著者 安田泰淳(雑学研究家)



学校のチャイム!どうして、「キンコンカンコーン~♪」なのですか?



「キンコンカンコーン♪ キンコンカンコーン♪」


多くの学校ではこのチャイムが鳴っています。
実は終戦間もない頃、空襲のときに鳴らされたサイレン音が、そのまま学校でも使われていたのです。


「ウーーーー!」と響くあの音です。


空襲のときに鳴らされたサイレン音を聞くと、「あの頃の辛い思いがよみがえるのでやめてほしい」という要望が殺到しました。


一方、現在のチャイム音は、
「ウェストミンスターの鐘」というクラシック音楽になります。


ウェストンミンスター宮殿の跡地にイギリス国会議事堂が建てられましたが、そこに設置されている時計台(愛称はビックベン)から毎日正午に流れるメロディです。


たまたま、イギリスのラジオを聴いていた産業機器メーカーの石本邦雄さん。これをチャイム音にしたらどうか?と思い立ち、1954年にチャイム機器を製造しました。


また、同じ時期に警報機メーカーである真島福子さんの旦那さんが「単純だからこれがいいのではないか?」と、オルゴールに拡張期をつけ、学校に販売していたそうです。


さらに、東京学芸大学名誉教授の井上尚美さんが、ビックベンで流れている曲でいいのではないか?と提案。


面識の無いこの3人。
同じ時期に同じ思いを抱いていたそうで、いつしかウェストミンスターの鐘のメロディが定番になっていくのです。 (雑学研究家 安田泰淳)


    











TOPページへ