著者 安田泰淳(雑学研究家)



「いってらっしゃーい♪」 手を振るのは何故?

魂振り(たまふり)という儀式をご存知でしょうか?
頒布(ヒレ)という薄長い布を振り、神様の魂を奮い立たせ、神を呼び寄せる儀式です。


ちなみに、
神社で参拝するときに、手をうったり、鈴を鳴らすのは空気を振動させることにより、神様を呼ぶためです。


やがて、この魂振りは人に対して行われるようになりました。


万葉集には、恋人に袖を振る歌が残されています。これは、愛しい人の魂を引き寄せる、そんなまじないのような意味があるようです。


昔の人は、でかける人に手や袖を振ることで神霊をよび、その加護によって安全に旅ができるようにと祈っていたのです。 


「いってらっしゃい」と手を振るのはこの名残! つまり、ただの合図ではなく安全を願っての行為なのですね♪ (雑学研究家 安田泰淳)


    











TOPページへ