著者 安田泰淳(雑学研究家)



民謡のちょうちょう!浮気をテーマにした詩だった

「ちょうちょう~♪ちょうちょう~♪なのはに とまれ~♪」


音楽の時間で歌っていましたが・・・
実は浮気性の男性を歌った詩だったのです!!


歌詞にはこうあります。
「ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ 菜の葉に(あ)いたら 桜にとまれ さくらの花の さかゆる御代に とまれよ 遊べ 遊べよ とまれ」


浮気癖の男性は色々な女性に手を出しながら生きています(笑)
その様子を、ちょうちょうに例え、「菜の葉に止まれ、菜の葉に飽いたら桜に止まれ~」と・・・・飽きたら次へ~ とまったら遊べ~ という意味が込められているのです。


菜の花には密がありません。
そこで、ちょうちょうは桜を目指したのですが、見かけとは違い密を出さない花だった!

そんな気持ちが込められているのです(^^)
ずいぶん深い詩(うた)なのですね・・・ (雑学研究家 安田泰淳)


    











TOPページへ