著者 安田泰淳(雑学研究家)



キーボードの配列!なにか意味があるの?

目の前にあるキーボードは「QWERTY配列(クワーティはいれつ)」と呼ばれる並び方となっています。


英字の最上段が「Q」・「W」・「E」・「R」・「T」・「Y」の配列になっているので、このようなネーミングが付けられています。


1882年、QWERTY配列が誕生しました。


それ以前、タイプライターは二列式となっており、上段は左から右へ「A」・「B」・「C」・「D」と順番に続き、下段では右から左へ「O」・「P」・「Q」・「R」と配列されていました。


現在のキーボードを見てみると、その名残がありますよね☆


その後、母音の「A」・「E」・「I」・「Y」・「U」・「O」と下段の「T」・「Q」・「W」・「P」・「R」を上の段に持っていき三列式となるのです。


何故、この文字が一番上に来るのかは未だに良くわかっていません。しかし、上の段をじっくり見てみると・・・ 


「T」・「Y」・「P」・「E」・「W」・「R」・「I」・「T」・「E」・「R」 ←「タイプライター」のつづりが全て入っています。


意味があるのかもしれませんね♪


さらに、少しずつ配置を変更することで、現在のQWERTY配列を完成する事となりました (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ