著者 安田泰淳(雑学研究家)



一ヶ月!二日しかなかった時がある

現在、地球が太陽をまわる周期をもとにして作られた、「太陽暦」 という暦法を用いています。一年が365日なのは地球が太陽の周りを365.24日かけて一周するからです☆


しかし、明治5年までは太陰太陽暦という暦法を用いていました。


月の満ち欠けをもとにして作られた太陰暦。
しかし、月の満ち欠け周期は29.53日ですので、一年を12ヶ月とした場合、354日になってしまいます。


そこで、三年に一回だけ一ヶ月を加える事で誤差を調整していたのです。これを太陰太陽暦といいます。太陰太陽暦は六世紀に中国から伝わり、7世紀から導入されていたそうです。


そして、明治5年12月3日から太陰太陽暦から太陽暦に移行することとなるのです。つまり、明治5年12月3日は明治6年1月1日なので、明治5年12月は2日しか存在しなかった月となるのです。


何故、太陽暦に変更したのでしょうか?


明治政府
「欧米に追いつき、そして追い越す!」というスローガンを掲げており、国際的に太陽暦を採用している国が多かったので、他国の間で暦のズレを改善するために太陽暦にしたのです。


しかし、本音は別にありました。


旧暦の明治6年は三年に一度の閏年!財政が厳しかった政府は一ヶ月多くお給料を支払うのをためらったために、大隈重信らが太陽暦の導入に踏み切ったとされています。 (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ