著者 安田泰淳(雑学研究家)



排尿時!重心は自然と左に傾いている

おしっこをする時、重心を意識してみてください。
左足に重心を置いている事に気が付くかと思います。逆に、右足に体重をかけると、オシッコをするのに違和感を感じます。


足の裏を研究し続けて50年!
運動生理学者の平沢弥一郎さん(1923-2001)は40万人以上もの足を見続けた人物として知られています。


この平沢さん!
右足と左足では、それぞれ役割が異なるのではないか?
と結論付けています。


左足は全身を安定させる為の足(支え足)
右足は攻撃性などの運動作用  と説明しています。


一方、排尿について調べてみると、交感神経(緊張状態)が働いている時はオシッコの出が悪くなり、逆に副交感神経(リラックス)が働いている時にオシッコがスムーズに出ることがわかっています。


体が安定していないと緊張感が増してしまい、おしっこの出が悪くなる!


王貞治さんの一本足打法や、イチローさんの振り子打法は左バッターですので左足を軸を置いて個性的なバッティングを披露しています。


つまり、左足に体重を乗せることにより、安定的なスイングをするのと同じように、排尿も体を安定させるために左足に軸を置いているものだと考えられます。


通勤電車に乗っている際、
左足に少しだけ重心を傾ければ、体が安定し疲労を少しだけ減少させることができるかもしれません^^v  (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ