著者 安田泰淳(雑学研究家)



「宗教」・「思想」・「哲学」の違いとは?

思想と哲学の違いってなんだろう? 
哲学と宗教の違いってなんだろう?


実はそれぞれの定義が曖昧なため、はっきりとした答えが存在しないのです。


その為、宗教の場合・・・ 
「宗教の定義は宗教学者の数ほど存在する」 


との言葉もあるようで、文部科学省における宗教定義集には、104個もの定義が書き込まれているようです。


ここでは一般的にいわれている定義について紹介いたします。


哲学とは
存在そのものの意味を考える学問です。
「自分とは何だろう?」・「宇宙とは何だろう?」・「生きるって何だろう?」・「世界が始まる前はどうなっていたんだろう?」・「愛とは何だ?」


このような様々な根源(根っこの部分)を追求するのが哲学です。
その為、「どうして?」・「何故?」などを問い続け、その答えを探し出すのが哲学です。


思想とは
「人生」や「社会」・「日常生活」など、様々な事柄について、「自分はどう思っているのか?」 ・「自分はこうあるべきだ!」


このような考えを理論的(筋道を立てて知識を組み立てる)に表現する事を思想といいます。 → よって、直感とは正反対の言葉となります。


「日本の経済をどうしたらよいか?」・「政治はこうあるべきだ!」
この答えを導き出すために、自分なりの哲学などを用いて、その理論を展開させていく事になります。


簡単にいうと、
考えたこと全てが思想という事になります。


宗教とは
世の中、解明できない出来事が数多く存在します。また、様々な解釈により、良く判らない事も数多く存在します。


これらの出来事を、組織が崇めている神々を仲介役として考えるのが宗教です。よって、組織が崇める神々の存在を認めなければ成り立ちません。


上記はあくまでも一般的な定義です♪ (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ