著者 安田泰淳(雑学研究家)



何メートルから超高層マンションなの?

上に行くほど、空気がとても澄んでおり、また、風が強いので洗濯物がよく乾くそうです♪ 


一方、火事になった時は大変です(><)
消火活動に手間がかかったり、エレベータが使えないので自分の足で階段を降りなければなりません。


また、大規模修繕の事例が少なく、劣化に対する修繕が完全に確立されていないのが実態です。


消防法では
地上11階以上の建物に対してはスプリンクラーが義務付けられていますので、マンションの購入時はチェックしてくださいね☆


超高層マンションの定義
「建築基準法」と「環境アセスメント条例」でその定義は異なります。


建築基準法       = 高さ60メートル以上
環境アセスメント条例 = 高さ100メートル以上


また、タワーマンションと呼ばれるものもは、一般的に20階建て以上のマンションをいいます。


超高層マンションが活発に建てられるようになったのは1997年以降です。日照権などの問題があり、広い場所でなければ高層マンションを建てられませんでした。


しかし、1997年に建築基準法が改正!
規制が緩和されるようになってから、積極的に高層マンションを建設する業者が増え、土地の価格を押し上げる要素の一つとなっています。 (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ