著者 安田泰淳(雑学研究家)



扇子!実は日本で発明されたものだった

暑い時期にお世話になる扇子(せんす)
実は日本で発明されたものとして知られているのです。


そもそも扇子とは団扇(うちわ)の進化形のようなもので、古代エジプト時代にすでに団扇は存在していました。


つまり、団扇の方が古いのです。


7世紀頃、ようやく中国から団扇が入ってきました。
しかし、団扇を手に取った日本人は疑問に思ってしまうのです。


「団扇はとても便利な道具だ! しかし、持ち運びに不便ではないか? 団扇が閉じられればさらに便利なアイテムになるぞ!」


この発想により出来上がったのが扇子なのです。(8世紀ごろ)


鎌倉時代、この扇子を中国に輸出したところ・・・
さらに進化した扇子が中国から送られて来たそうです。


中国に送り出した扇子は片面にだけ紙を貼られていましたが、中国から送られた扇子は両面に紙が貼られていたそうです。


平安時代、扇子は贈り物として使われるようになりました。


扇子の形が末に行くほど広がりをみせ、縁起の良いものとされた事から、おめでたい席での引き出物としても使われるようになるのです。  (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ