著者 安田泰淳(雑学研究家)



母の日!どうしてカーネーションなの!?

母の日といえばカーネーション!
しかし、どうしてカーネーションなのでしょうか?


まず、母の日というのはアメリカで始まった行事でした。
1907年、「アンナ・ジャーヴイス」という女性が発案し、翌年には、フィラデルフィアで最初の母の日が行われました。


いつしか、この流れが広がりを見せ、
1914には、アメリカ全土で5月の第2日曜日は母のを讃える日!として祝日に定められたそうです。


母の日を提案したアンナさん!
教会の教師であった母の命日に、彼女の母が大好きだった白いカーネーションを参列者に配った事が関係しているのです。


その為、母が亡くなってしまった場合は白いカーネーションを。
母が健在な場合は赤いカーネーションを贈るという慣習になったそうです。


日本で母の日がスタートしたのは1923年頃だとされています。  (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ