著者 安田泰淳(雑学研究家)



指紋があるのは何故ですか?

犯罪捜査などで指紋を手がかりに犯人を捜索しています。
そもそも、指紋は何のために存在するのでしょうか??


指紋の線のことを隆線といいます。
汗を排出しようとする線があるのですが、この汗腺が盛り上がったものが隆線(指紋)です。


つまり、汗を排出するために指紋が存在しているのです。


何かに触れると指紋が残りますよね。
ちなみに、あの指紋の正体は、汗腺から出てくる汗と、皮脂(体内から出る油状の物質)が混ざったものでした。


指紋のもう一つのお仕事は物をつかみやすくする役割があります。指先がツルツルしていたら・・・ 物がつかみづらいですよね。


実は、一卵性双生児の双子でも指紋は少し違うのです。
しかし、普通の兄弟よりも一卵性双生児の指紋は似ている!というデータも存在し、「やはり遺伝子と指紋は少しだけ関係しているのではないか?」といわれています。


ちなみに牛の場合、
人間の指紋に当たるものとして鼻紋が存在しています。紋様がそれぞれ異なるため、牛を識別する手段として使われているのです。  (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ