著者 安田泰淳(雑学研究家)



コンセント!穴の大きさが微妙に違うのは何故ですか?

コンセントの穴をよ~く見てください。
「あれれ~~ 左穴が微妙に大きくなってるな~!」


それは一体何故でしょう?


家庭用の電気は6600ボルトという桁違いの電圧電流が流れているのです。しかし、変圧器という装置を使い、100ボルトに下げて供給されています。


変圧器が故障してしまったら、
66倍もの電流が一気に流れ込んできてしまいます。(こりゃ危険だ><)  


そこで、左側の大きな穴には、高圧電流が流れ込んだ場合に備え、ある工夫がなされているのです。


その工夫とはアース線です。
アース線とは、高い電圧の電流が流れた時に地面に逃がす役割があります。


左側を大きくすることにより、このコンセントにはちゃんとアース線がついていますよ~☆ とのメッセージが込められているのです。  (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ