著者 安田泰淳(雑学研究家)



100円ライター!しきりがあるのは何故ですか?



使い捨てライターの真ん中にしきりのようなものがありますよね?
あれは いったい何のためにあるのでしょうか・・・??


実はあのしきり、
ライターケースの強度を上げるために存在していたのです。


温度が上がるとガスが膨張しケースの負担が大きくなります。あの仕切りを作る事で圧力を分散させ、ライターの安全性を高めているのです。


このしきりは四角型のものにだけあって、
円筒型のものは圧力に強いために不要とのことです。


100円ライターと呼ばれているこのライター!
かっこいい正式名称がありました?


その名は、「ディスポーザブルライター」


ディスポーザブルライターはタバコのカートン買いをしたときや、ホテルや飲食店で無料でもらえたりしますが、きちんと保証がついているのです。


ライターの裏面や側面に「使用上の注意」「警告」と書いてあるシールが貼ってあります。一見、ただの注意書きのようですが・・・


「このシールにPL保険付」と小さく記載されています。
このシールには保険証書的な役割を果たしていますので、いたずらにはがさない方がよろしいと思います(^^)  (雑学研究家 安田泰淳)


    










TOPページへ