著者 安田泰淳(雑学研究家)



花火の色!どうやって出してるの?

あの綺麗な花火の色!
どうやって、色を出しているのだろう?


化学の授業みたいな話になってしまいますが、
中学校の理科の授業で、炎色反応について勉強しませんでしたか?


うーん・・・ 全然覚えてない(〃 ̄▽ ̄〃)


様々な金属を燃やす事で、どんな炎になるのだろう・・・
そうです!この炎色反応を利用して、赤や緑などの花火を作っているのです!


花火を作るときには、「可燃剤」・「炎色剤」・「酸化剤」というものを使います。そして、この3つを合わせたものが「色火剤」です。


花火に火をつけると、可燃剤と酸化剤が燃焼という化学反応を起こし、高温を発生させます。その熱によって炎色剤も燃える事により、炎色反応が起きるのです。


この炎色剤の正体は金属の粉です。
花火の色を出す場合、下記のような金属が使われています。


赤・・・炭酸ストロンチウム
黄・・・ナトリウム・炭酸カルシウム(石灰石)
緑・・・硝酸バリウム
青・・・酸化銅
白(銀)・・・マグネシウム・アルミニウム


上の金属を燃やすと色がでるというわけです。 (雑学研究家 安田泰淳)


    












TOPページへ