著者 安田泰淳(雑学研究家)



出産直後!性欲がわかないのは何故?

今回の本質は女性の体についてスポットを当ててみました。


女性の本質を知らないと・・・
旦那さんは奥さんに嫌われてしまいますよ(>_<。。)


〇女性ホルモンによる影響
一般的に女性の性欲が増すのは排卵から月経前にかけてです。


「子孫を残したい!」 
そんな本能が芽生えるために性欲が沸いてくるのです。


しかし、赤ちゃんが生まれると、母乳を作るホルモンであるプロラクチンが大量に分泌されるのです。


このプロラクチン!母乳を作るだけではなく、育児などのストレスを軽減してくれる大切なホルモンとなっています♪ 一方、プロラクチンは女性の性欲を抑制するホルモンとして知られています。


プロラクチンのメッセージ
「私が大量に分泌されているときは、性行為よりも目の前にいる子供を一生懸命育ててあげようね♪ だから、性欲を少しだけ抑えておきますよ~☆」 


個人差にもよりますが、
出産後に性欲がわかないのは生物学的にいえば当たり前の事なのです。


こんな状況の中で、
旦那さんが奥様を誘ってしまったら・・・(*´Д`)ノ



〇性欲がわかないのはストレスの影響
性欲とストレスは密接な関係があります。そして、自律神経は性欲に影響を及ぼす神経として知られています。


自律神経とは
例えば、「右手をあげろ!」と脳が命令を出せば、右手を自由にあげることができます。しかし、「心臓よ一瞬だけ止まれ!」 と命令を出しても止めることはできません。


人間の体には脳の命令を聞かない器官が存在し、この場所の一部は自律神経がコントロールしているのです。


〇交感神経    ←  緊張している時に活発に働く神経
〇副交感神経   ←   リラックスしている時に活発に働く神経


一方、男性や女性の体のメカニズムは


人間の体は副交感神経が働かないと、性欲がわかない仕組みになっています。つまり、睡眠時間を削り、子育てに一生懸命な状態が続くと、交感神経が優位になり、性欲がわかなくなるのです。


つまり、奥さんの性欲を高めたいのであれば、少しでも育児に協力してあげることが大切となってきます。


「奥さんの負担を軽減」 → 「リラックスする時間が増える」 → 「副交感神経が刺激され」 → 「性欲の増進につながる」 → 「ご褒美にありつける」(謎)


世の中うまくできたもんだ!
女性の体のメカニズムを知るだけで、思いやりのある行動がとれるのではないでしょうか(*^ー゜)v   (雑学研究家 安田泰淳)


    








TOPページへ