著者 安田泰淳(雑学研究家)



国債と赤字国債の違いは何ですか?

以前、福田康夫さんが首相だったとき!
記者が首相に対して国債の質問をしました。


すると・・・


福田首相、
「国債?それは赤字国債の事でしょ!」
と、記者の間違いを指摘する場面を見受けました。


「国債」と「赤字国債」の違いとはなんでしょうか?


財政法という法律では、
「たとえ税収が少ない場合でも借金をしてはいけませんよ!」という決まりになっています。つまり、原則的に国債を発行してはいけない事になっているのです。


しかし、公共事業の為に使われるのであれば、国会の判断により国債を発行してもいい事になっているのです。


〇ここからが本題
普通国債には「建設国債」と「赤字国債」があります。一般的に発せられる国債とはこの建設国債を指しています。建設国債を辞書で調べてみると、「国が公共事業費や出資金・貸付金の財源にあてるために発行する国債」 と書いてありました。


一方、赤字国債とは、一般会計での歳入と歳出の不均等を是正するために用いられる借金です。財政法では上記の通り赤字国債を発行できない事になっていますが、公債特例法という一年限定の特例措置を用いて発行することが可能となっています。 (雑学研究家、安田泰淳)


    








TOPページへ