著者 安田泰淳(雑学研究家)



選挙!得票数が同じ場合はどうなるの?

人生には三つの坂がある!
「上り坂」・「下り坂」・そして「まさか」である。 by小泉じゅんちゃん


選挙にも、まさかという魔物が潜んでいまして・・・
つまり、得票数が同じ!というまさかです^^


2003年に行われた愛知県渥美町議選挙での一幕です。
無所属で出馬した2人の候補者が最後の1議席を争って競り合っていました。しかし、結果は2人とも412票☆ まさかの引き分けになってしまいました。


そこで登場したのが選挙管理委員会です☆
果たして、どのような判断を下したのでしょうか?


公職選挙法第95条には得票数が同じだった場合のルールがしっかりと記載されているのです。


「得票数が同じであるときは、選挙長がくじで定める」


まさか・・・ そんなバカな!


これこそ一票の重みに反するのでは^^? しかし、ルールだから仕方がない・・・ 選挙長のクジで運命が決められてしまうのです。


ただ、得票数が同じにもかかわらず、クジで敗れ去った人にはある特典が設けられています。


通常、地方議会選挙の場合、選挙が行われてから90日以内に当選者が辞職した場合、繰り上げ当選制度が設けられています。


しかし、同数で敗れた候補者は90日以内ではなく、任期が終了するまで(4年間)繰り上げ当選の資格を有しているのです。


へ~(゚Д゚*)ノ (雑学研究家、安田泰淳)


    








TOPページへ