2015年8月17日更新 著者 安田泰淳(雑学研究家) 
 




パクるの語源って何ですか?


東京オリンピックのエンブレム

2015年8月、盗作が取りざたされている東京オリンピックのエンブレム(紋章)問題。インターネット上では、デザインをパクったのではないか?と噂されている状態です。


日本語俗語時点によると
『パクるとは物を盗むという意味で、不良に使われた言葉である。1980年代に入ると音楽や小説などの作品、さらにキャラクターやブランドなどで、他者のアイデアや特徴を流用、真似することもパクるというようになる。』 と書かれておりました。


ここで疑問に思ったぞq(^o^)p


そもそも、パクるの語源ってなんだろう? という事で早速調べてみました☆


~~ 結果発表 ~~


残念ながら、パクるの語源は解明されておりませんでした。しかし、いくつかの説が存在しておりましたのでご紹介いたします。


ドイツ語説
ドイツ語で掴む(捕まえる)という意味の言葉をpacken(パッケン)というそうです。このパッケンを日本の警官同士で通じる言葉(隠語)として用いられ、犯人を捕まえる事をパクるとなったのではないか?とする説です。


捕縛説
犯人を捕まえて縄をかけることを捕縛といいます。この捕縛のバクが変形してパクとなり、ひっ捕まえることをパクるとなったのではないか?とする説です。


逮捕する事をパクると表現し、さらに盗む意味にも転用され今日に至るのではないか?とされています。


さらに、大きな口を開けてパクパク食べる(ぱくつく)が転じられ、盗むことをパクるとされたのではないか?とも考えられておりました。


言葉の本質
今日はパクるについて調べてみました。 (雑学研究家 安田泰淳)  2015/8/17